スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばしお別れの前に。

糸がだいぶ弱っていた、アンティーク着物
気が付いたら、袖が取れかかっていました~


袖口の八掛も破れていたので、これを機会に
洗い張りの出して、仕立て直そうと考え中♪


和裁も勉強中だし、自分で仕立て直しできたらいいな


と、思っていたのですが
自分で。
しかも、袷・・・
次に、着れるのはいつになるんだろ・・・


というわけで、
ちょちょっと縫って、着納め!?しました



DSC_2070 (263x350)
アンティークの銘仙
銘仙にしては、色数が少なく、あっさり系かな

振りからチラッと見える、赤い紅絹(もみ)が
アンティークならでは♪

帯締めもアンティークの丸ぐけを☆
DSC_2071 (263x350)
しましま名古屋で、お太鼓結び



DSC_2074 (263x350)
次回、袖を通す時は、生まれ変わったこの着物です

いつのなるのやら!
ですが、和裁もがんばろ~う
と、思うのでした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

 きもの ぺこら舎

Author: きもの ぺこら舎
大阪 摂津・吹田・千里丘の自宅の一室で小さな着付け教室を主宰してます♪
出張着付けも承っています♪
webshop☆オープンしました!!!


じっくり・しっかり・楽しい♪  
お稽古で
“ワードローブに着物がある日々”
を楽しんでいただけたらいいな♪


美味しいもの、お酒、お花、
かご、仏像・・・
大好き♪  の永遠のオリーブ少女なのです


    

  出張着付け・レンタル・webshop 
      きものぺこら舎     

http://kimonopekorasya.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
きもの
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。